【全国まとめ一覧】2021年シルバーウィーク|各金融機関窓口の営業日や営業時間とATM手数料

小保方晴子の2021今現在|バイト先の洋菓子店や出没する麻雀荘はどこか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2014年に起きたSTAP細胞問題で注目された小保方晴子さん。

あれから随分と年月が経ちましたが、現在は何をしているのでしょうか?

 

その後2019年には洋菓子店で働く姿や雀荘に通う姿が目撃されていますね。

そこで2021年今現在の小保方晴子さんの最新情報について調べましたのでご紹介していきます。

もくじ

小保方晴子のプロフィール

小保方晴子

小保方晴子のプロフィール

本名:小保方 晴子(おぼかた はるこ)

生年月日:1983年9月25日(38歳)

出生地:千葉県松戸市

出身校:松戸市立第六中学校卒業、東邦大学付属東邦高等学校卒業、早稲田大学理工学部卒業、早稲田大学大学院 理工学研究科修士課程修了

早稲田大学理工学部卒業後に早稲田大学大学院に進学。

東京女子医科大学先端生命医科学研究所の研修生となり、専門分野を再生医療の研究に転向。

 

2011年4月から理化学研究所のゲノムリプログラミング研究チームの客員研究員としてSTAP細胞の研究に取り組む。

2010年に幹細胞を取り出す実験から、刺激で体細胞を初期化する現象を発見して「STAP細胞」 と名付ける。

 

2014年1月末にSTAP研究を発表したが、研究不正の疑惑を指摘される。

12月19日に理化学研究所より検証実験の結果で、STAP細胞を再現できなかったことが明らかになり理化学研究所を退職。

 

2015年11月2日、博士号の学位取り消し処分が確定した。

小保方晴子 2021年の今現在は…

小保方晴子

理化学研究所を退所した後の小保方晴子さんについては、著書の執筆や、グラビア撮影などが話題になりました。

プライベートでは2019年に洋菓子店で働く姿や、雀荘を訪れて麻雀を打っている姿が目撃され報道されています。

小保方氏はSTAP細胞を発見したとして、一躍、時の人に。当時、研究室で白衣代わりに着ていた白の割烹着姿も注目された。ところが、論文の不正が発覚し、博士号も取り消されるなど、その後は転落人生……。その小保方氏の意外な姿を「新潮」はとらえた。

記事によると、小保方氏は2019年の初めごろ、都内で男性と同居を開始。気になる現在の仕事だが、小保方氏はなんと洋菓子店で働いているようだ。仕事後、雀荘を訪れてフリーで打つこともあるという。割烹着を連想させる制服を着て、洋菓子店で働く小保方氏の姿も掲載されたが、やはり、お似合い。実は、ケーキ作りに関しては職人クラスではないかと、芸能記者は語る。

2021年現在の小保方晴子さんの生活の様子については、大きな変化があった情報が現時点ではありません。

コロナ過によって日常的にマスクを着用しているので、小保方晴子さんは周囲の目を気にしないで生活が出来ているのかもしれませんね。

 

そこで、現在も働いていると思われる洋菓子店や、さらに麻雀を打つために通っている雀荘についても調べたのでご紹介していきます。

小保方晴子のバイト先の洋菓子店はどこ?

小保方晴子

小保方晴子さんが洋菓子店でバイトをしてることは2019年に報道されて明らかになりました。

驚くのは小保方さんが働いている洋菓子店の評判だ。スイーツ好きの間では「一生に一度は食べてみたい」と言われるほどの超有名店なのだ。

かつてはスイーツを買い求める客で長蛇の列が当たり前という状態だったが、高級住宅街の中にあることもあり、数年前から完全予約制になった。

2020年1月の営業日数は週末限定のたった7日間。激レア度が増して予約困難の状況になっている。

このように報道されていますが、小保方晴子さんが働く洋菓子店の名前は明らかになっていません。

洋菓子店を推測するヒントとなるのは、

  • スイーツ好きの間では「一生に一度は食べてみたい」と言われるほどの超有名店
  • 高級住宅街の中にある
  • 数年前から完全予約制になったが予約困難
  • 2020年1月の営業日数は週末限定のたった7日間

これらの情報から東京都港区にある洋菓子店「パティスリーリョーコ」というお店が浮上しました。

小保方晴子

パティスリーリョーコ住所:東京都港区高輪3-2-8

営業時間:12:00~17:00(ご予約制)

定休日:不定休

実際に洋菓子店を訪れた利用客が店内で働く小保方晴子さんに似た女性を見かけたというツイートがあったので事実のようですね。

小保方晴子が働くバイト先は超人気店!?

小保方晴子さんが勤めているといわれる洋菓子店「パティスリーリョーコ」は超が付くほどの人気店です。

食べログの口コミでも4点の評価を得ており、お店の前には長蛇の列が出来ため現在は完全予約制になっています。

 

購入予約は1週間前の10時から出来るのですが、人気商品は開始直後に完売になるほどで予約の操作が不慣れな方では購入することが難しい。

そのために、お店に苦情を入れるトラブルも少なくないそうです。

 

2020年1月の営業日は7日間しかありませんでしたが、10月には週末(金・土・日)3日間の営業になっています。

小保方晴子が働くお店の人気メニュー

小保方晴子が働いていると思われる洋菓子店「パティスリーリョーコ」の人気メニューは全部というくらい予約も出来ないレアな洋菓子ばかりで、味についても利用客の美味しい反応の声がSNSでも多く見られます。

https://twitter.com/softcream_world/status/1103940028651102208?s=20

シュークリームやモンブランは両手に持って食べたい派です。

https://twitter.com/yw92206800/status/1271776081926733824?s=20

フルーツがてんこ盛りになっててヤバいですね。

https://twitter.com/mizuho129/status/1210203232770785280?s=20

チョコレートケーキも美味しそうです。

なので、全部が人気メニューで間違いないですね。

小保方晴子のバイト先がなぜ洋菓子店か

小保方晴子さんが洋菓子店でバイトをするようになった理由は、理化学研究所時代にあったようです。

小保方さんに似た女性が働き始めたのは2カ月前くらいからでしょうか。

ある常連さんが『私、パティシエとしていろいろな店で修行を重ねてきたんですよ』と彼女に自己紹介されたと言っていました。

驚いたその常連さんは冗談で『え? 理化学研究所でSTAP細胞を作製していたんじゃないんですか?』と聞き返そうとしましたが、さすがに失礼だと思ってやめたそうです

理化学研究所時代から、研究の合間に時間を作ってはスイーツ店でケーキ作りの練習をしていたそうです。

現在の職場である洋菓子店「パティスリーリョーコ」の以前にも他のお店でパティシエになるための研究をしてきたようですね。

小保方晴子

小保方晴子の出没する麻雀荘はどこか

小保方晴子

小保方晴子さんは、洋菓子店で働く一方で、余暇を過ごす方法として雀荘へ訪れて麻雀を打っていることも報道されました。

衝撃的なのは小保方氏が雀荘で貫禄たっぷりに麻雀を打つ姿だ。

「フリー雀荘に通っているとは相当な腕前。社会人になってから覚えたのではなく、小保方さんはワセジョ(早稲田大学の女子学生)ですから、サークルや研究室の関係で鍛えられたのでは」(早大理工学部OB)

といった報道があるように、女性一人で雀荘に行くことが出来る小保方晴子さんは相当な麻雀好きの経験者であることが推測できます。

そんな小保方晴子さんが通う雀荘がどこなのか?気になったので調べてみました。

 

まず、報道にあった写真に写る小保方晴子さんが打っている雀卓にヒントがあるのでは?と思いました。

写真に写っている雀卓は、全自動雀卓の中でも大手メーカーであるマツオカの「EAGER(イーガー)」という高級な雀卓ということが判明。

小保方晴子

ネットで雀荘について調べると、マツオカの全自動麻雀卓「EAGER(イーガー)」を備えていることを店の特徴としてアピールしている雀荘が多く見受けられました。

なので、小保方晴子さんが普段の生活の中で移動するエリアの中でマツオカの「EAGER(イーガー)」を完備している雀荘に通っていることまでは推測できます。

 

しかし、その中から小保方晴子さんが通っている雀荘を特定するまでは、現時点の情報としては難しいですね。

写真の背景からお店の中が少しだけ分かりますが…正直、都内にある雀荘の全店舗をまわってコレを確認にするのは無理すぎますね。笑

ということで、もしご存じの方がいらっしゃったら是非とも教えて下さい!宜しくお願いします。

まとめ

今回は小保方晴子さんの2021年現在について調べましたが、洋菓子店でのバイトや雀荘に通っている報道の続報が無かったため、勤務先の洋菓子店や雀荘の詳細な情報についての内容になりました。

とても人気のある洋菓子店「パティスリーリョーコ」は外からでも店内が見えるので、もしかしたら小保方晴子さんを見かけることができるかもですね!

 

もしかして将来的には、パティシエかプロ雀士に関連したことでもやられるんでしょうか?笑

最後までご覧いただき有難うございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる