レペゼン地球の商標/権利を剥奪したHは誰?プロフィールや他アーティストとの関係も調査

レペゼン地球の商標/権利を剥奪したHは誰?プロフィールや他アーティストとの関係も調査
URLをコピーする
URLをコピーしました!

2020年12月26日のPayPayドームのライブで解散したレペゼン地球のDJ社長がYouTubeチャンネルを更新し「本当のレペゼン地球 解散の経緯について」と題した動画を投稿しています。

動画内で語ったDJ社長の話によると、レペゼン地球が解散した本当の理由はグループ名の「レペゼン地球」の商標権が自身の手元に無いために使用することが出来なくなったことで解散を余儀なくされたというのです。

 

「レペゼン地球」のグループ名を使用出来なくなった原因は、グループを管理運営する会社の経理や権利などの管理を担当していたH氏と称される人物との関係が悪化したこと。

現在は「H氏」を相手に裁判を係争中というのです。

 

動画ではDJ社長の悲痛な心境を可能な限りで赤裸々に明かしており、H氏とのやり取りを録音した音声も公開しています。

DJ社長を含めたメンバー全員が解散を不本意としており、問題を争うH氏への不満と疑念が動画内で爆発していました。

 

では、いったいレペゼン地球の商標をはく奪したH氏とは誰なのでしょうか?また、どんな人物なのでしょうか?

もくじ

DJ社長から語られたレペゼン地球の本当の解散の経緯とは?

動画はグループ解散以降、更新されていなかったレペゼン地球のYouTubeチャンネルで公開されています。

 

DJ社長の口から出たのは「レペゼン地球」の商標権が自身の手元になく、グループ名が使えなくなったことで急遽解散する必要があったという解散の本当の経緯でした。

そのような状況になった原因は、会社で経理や権利関係を担当していたH氏との関係悪化にあるとして、H氏とは権利や給与問題を含めて現在も裁判で係争中と説明。

 

動画の中ではDJ社長とH氏とされる人物とのやり取りを録音した音声も紹介しており、その会話内容は怒号さえ飛び交う緊迫した会話も数々記録されていました。

ただ、現状では全てを話せる状況ではないそうで、詳細については弁護士から止められているため明かせないとも仰っています。

 

DJ社長の話を聞く限りではH氏の不審な行動や対応に疑問を抱く方も多いと思います。

しかし、これまでの経緯を話す一方で、そもそも問題を起こす原因を作ってしまったのは、安易にH氏を信用して管理会社の株を全て渡した自身のミスだったとも語っていました。

 

DJ社長はレペゼン地球を結成する以前に事業失敗から6000万円もの借金を抱えていたために、再起するためにH氏の提案を受け入れて100万円の資本金を出してもらう代わりに全株を預けたというのです。

H氏とは借金返済後にその株を元々の資本金である100万円で買い取る約束を交わしていたが、反故にされただけではなく、用途不明な金額の存在を疑うことになります。

その後に問題解決に向けた話し合いを重ねている最中に、DJ社長さんは代表職を解任され実質的にクビにされたというのです。

 

動画の最後では昨年の突然の解散発表をメンバーやファンに「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪していました。

最後には、怒りをあらわにしつつも「Candy Foxx」とグループ名は変わったものの同じメンバーでの活動に励んでいくと仰っていました。

レペゼン地球の商標/権利を剥奪したHは誰?

今回の動画でDJ社長が怒りを露わにしている相手は「レペゼン地球」として成功するための再スタートの機会を提供してくれたH氏という人物。

その後のレペゼン地球の運営や経理、管理などを担当してグループを支えてきたハズの人物です。

動画内ではH氏と称して、具体的な名前は明かしておりませんがグループの成長に尽力したのは確かだとは思いますので、音楽関係のキャリアを持っている人物だと推測できます。

レペゼン地球としてスタートする際に100万円の資本金を出資した際に、全ての株をH氏は持つことになっているので運営会社となるLIFEGROUPの筆頭株主がH氏ということになります。

しかし、動画内でのDJ社長とのやり取りの音声を聞く限りでは、とても常識のある方には思えないような言動もあり、何かしら闇の部分を持っているような印象を受けました。

ただ、現時点ではこれ以上のH氏についての詮索は当サイトでは行わないことにします。

その理由は、現在DJ社長が行っている裁判において、相手を特定したり誹謗中傷を行うことでその後の裁判に影響を及ぼす可能性があると仰っていたからです。

しかしながら、現在のSNSの情報拡散力は凄いので早い段階でH氏の特定がされることが推測されます。

今後の状況を見ながら追記をしていくことにします。

レペゼン地球の商標権をはく奪したH氏と他のアーティストとの関係は?

レペゼン地球を管理運営するLIFEGROUPには、他にも所属するタレントやアーティストがいるのか調べてみました。

  • Devincy
  • BRAVE
  • チバニャン
  • シノサン
  • KOERU

といった方々がレペゼン地球の共同作業者に名前を連ねています。

音楽や映像制作に携わっている方々のようで、現在はCandyFoxxに協力しているようです。

もしかすると、この方々もレペゼン地球のメンバー同様に安い給料で働かされていたのかもしれませんね。

まとめ

今回のDJ社長の動画への反響はとても大きいようです。

ファンだけでなく、初めて動画を拝見した方も多いことが予想されますが、DJ社長の明かした話に世間がどのような反応をするのかとても気になってしまいます。

人気絶頂だったレペゼン地球の突然の原因不明の解散劇の真相を知ったことで運営会社LIFEGROUPの今後の対応に注目していきたいですね。

レペゼン地球の商標/権利を剥奪したHは誰?プロフィールや他アーティストとの関係も調査

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる