映画「大コメ騒動」あらすじとキャスト俳優は誰か?ロケ地や主題歌もチェック!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

1918年に富山県で発生した米騒動がテーマの映画「大コメ騒動」は、2021年に全国の映画館で公開!

日本を代表する実力派女優・井上真央さんが、映画「白ゆき姫殺人事件」以来となる映画の主演を務めます。

映画のメガホンをとるのは、映画「超高速!参勤交代」で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した本木克英監督です。

 

今回は、そんな映画「大コメ騒動」のあらすじ・見どころ等についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること
  • 映画「大コメ騒動」の作品情報
  • 映画「大コメ騒動」のあらすじや見どころ
  • 映画「大コメ騒動」のキャスト情報
  • 映画「大コメ騒動」の主題歌
  • 映画「大コメ騒動」のロケ地情報
    もくじ

    映画「大コメ騒動」の作品情報

    映画「大コメ騒動」は、「釣りバカ日誌」や「空飛ぶタイヤ」などを手がけた、本木克英監督の原案映画です。

    本木監督自身が作品の舞台富山県出身で、室井滋さんや立川志の輔さんなど富山県出身のキャストが多く出演している作品。

    富山県で起こった「米騒動」に基づいた、痛快エンタテインメントが描かれています。

    作品情報

    作品名 大コメ騒動
    公開 2021年1月8日
    上映時間 106分
    配給会社 ラビットハウス
    エレファントハウス
    監督 本木克英
    脚本 谷本佳織
    音楽 田中拓人
    主題歌 「愛を米(こめ)て」
    米米CLUB
    出演キャスト 井上真央
    夏木マリ
    三浦貴大
    柴田理恵
    左時枝
    西村まさ彦
    立川志の輔
    室井滋

    映画「大コメ騒動」出演キャスト

    松浦いと:井上真央

    井上真央さんが演じているのが、松浦いと役です。

    農家から漁村に嫁ぎ、閉鎖的な時代に庶民の生活のため意志を持って立ち上がった女性。

    周囲の人々からも信頼を得て社会現象を起こす。

    井上真央さんは、1987年神奈川県出身で「キッズ・ウォー」や「花より男子」シリーズが代表作です。

    松浦タキ:夏木マリ

    夏木マリさんが演じているのが、タキ役です。

    農家から嫁いできた、いとの姑。

    夏木マリさんは、1952年東京都出身で「野ブタ。をプロデュース」や「中学聖日記」などに出演しています。

    松浦利夫:三浦貴大

    三浦貴大さんが演じているのが、利夫役です。

    いとの夫で漁師。

    三浦貴大さんは、1985年東京都出身でドラマ「高嶺の花」や「いだてん〜東京オリムピック噺〜」などに出演しています。

    きみ:柴田理恵

    柴田理恵さんの役名や役どころは未発表です。

    柴田理恵さんは、1959年富山県出身でタレントや女優として活躍。

    女優としては、ドラマ「山田太郎ものがたり」や「ひよっこ」など話題作に出演しています。

    鷲田とみ:左時枝

    左時枝さんの役名や役どころは未発表です。

    左時枝さんは、1947年富山県出身の女優。

    ドラマ「刑事・鬼貫八郎」シリーズなど数多くの作品に出演しています。

    活動家:西村まさ彦

    西村まさ彦さんの役名や役どころは未発表です。

    西村まさ彦さんは、1960年富山県出身の俳優。

    ドラマ「古畑任三郎」シリーズが代表作で映画やドラマを中心に活躍しています。

    尾上公作:立川志の輔

    立川志の輔さんの役名や役どころは未発表です。

    立川志の輔さんは、1954年富山県出身の落語家でタレント。

    落語家として活動する傍ら、映画でも活躍しています。

    清んさのおばば:室井滋

    室井滋さんの役名や役どころは未発表です。

    室井滋さんは、1958年富山県出身の女優。

    個性派女優としてドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」や「花子とアン」など話題作に出演しています。

    映画「大コメ騒動」の見どころ

    映画「大コメ騒動」は、井上真央さんの体当たりした演技が見どころです。

    本作で主演の井上真央さんは、庶民の生活のために意志を持って立ち上がり、社会現象を起こした主人公を演じています。

    作品では、女仲仕として60kgの米俵を担ぐ船に米を積ませないよう身体を張り阻止するシーンがあり、体当たりした演技は必見です!

    映画「大コメ騒動」の主題歌情報

    映画「大コメ騒動」の主題歌は、大御所バンドの米米CLUBが本作のために描き下ろした楽曲「愛を米(こめ)て」に決まりました。

    映画は、今から100年以上前に起きた米騒動が物語の痛快エンタテインメントです。

    しっとり落ち着いてもいながら、しかも明るく未来を照らしてくれるような楽曲なので、この映画にピッタリですよね!

    映画「大コメ騒動」のあらすじ

    大正7年8月、富山の海岸に住むおかかたちは、毎日上がるコメの価格に頭を悩ませていた。

     

    夫や育ち盛りの子どもに食べさせたくても高くて買えない。

    困ったおかかたちは、近くの米屋に安く売って欲しいとお願いしにいくが失敗。

     

    そして、リーダーのおばばが逮捕され、コメの価格はさらに高騰する。

    ある事故を機に我慢の限界を超えたおかかたちは、ついに行動に出るのだった…!

    映画「大コメ騒動」のロケ地情報

    映画は、舞台となった富山県を中心に京都府でも撮影されていたそうです。

    富山県は、富山市・魚津市・射水市・滑川市がロケ地になります。

    京都府では、京都・太秦松竹撮影所で撮影が行われました。

    2019年10月~11月頃にエキストラを交え、撮影が行われています。

    映画「大コメ騒動」の口コミ・評価レビュー

    映画「大コメ騒動」のまとめ

    映画「大コメ騒動」のあらすじやキャスト情報などをご紹介していきました。

    映画は、コメが高騰するなか、家族にコメを食べさせたいと願う漁師のおかか達が奮闘する物語です。

     

    誰もが知る「米騒動」を取り上げた作品は、どのように描かれるのか期待が高まりますね。

    本木克英監督の手がけた、痛快エンタテインメントを劇場でお楽しみください!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    もくじ
    閉じる